本文へスキップ

創業(大正12年)より、製材業に始まり、木の家の素朴な温かみを大切にした安らぎの家づくりに取組んでいます。

TEL. 0263-25-0159

〒390-0828 長野県松本市庄内1-9-11

注文住宅WORKS

自然素材や無垢の木を豊富に使った温もりと優しさ溢れる健康住宅をお造りします。在来の軸組工法を主とし、将来の間取り変更にも対応する事が可能です。

PHOTO GARALLY

clickすると拡大します


キッチン 7寸角の桧の大黒柱 リビング

安曇野市 M邸
住宅メーカーに勤めた経験のあるお施主様が基本設計をし、実施設計、施工を当社で致しました。
吹き抜けで解放感の高い玄関周り、リビングには7寸角の桧の大黒柱があります。設備面では、太陽光発電に、蓄熱暖房、IHクッキングヒーター、エコキュートとオ―ル電化住宅となりました。
内装には、リビングには唐松無垢天井材、和室の畳は和紙畳,廻縁、巾木、窓枠等造作材は米栂無垢材で仕上げました。



松本市 N邸
堀天井のあるLDKにキッチンカウンターを造り建具は、ピーラー材、7寸桧大黒柱、リビング建具、階段明り採り・玄関明り採りには、お施主さまの思い入れのある、古いステンドグラスを取付ました。
外観特徴は、外部建具は断熱や遮熱効果の高いLOW−Eガラスのサッシ、大きなベランダ、ヒバのウッドデッキ、桧の濡れ縁、駐車スペースにはインターロッキングを施工しました。
設備面では、太陽光発電、IH、エコキュート、温水式床暖房のオール電化住宅となりました。
外構工事は、シンボルツリーをライトアップし、陰影が建物の外壁に映し出され趣のある、和洋折衷の庭をつくりました。





2階建ての大きな家から平屋の安心コンパクトな家に


6月30日の松本地震により、100坪近い大きな家が揺れました。明治の終わりころの建築とのことで、コンクリート基礎もなく、石や瓦を積み重ねた基礎の上に、土台が据えてある状態でした。
100年の間には、大火事にも見舞われたこともあったとのことですが、修繕をしながら平成23年まで永い歴史を刻みました。
今回、その大きな家の半分を解体し、残りの2階部分を取外し、屋根を付け平屋建てに改造し、隣に新築を造り、既存の建物と連結する大工事をしました。
キッチン等は既存のものを活かし取付ました。

これからお施主様が安心して快適に住まわれることを心から願っております。




施工過程 〜家が出来上がるまで

松本市 S邸
古い平屋を取壊し新しく同じ場所に2階建てを立てます。
@取壊し後、整地し、
Aスウェーデン式サウンディング地盤調査をしました。
B基礎工事 べた基礎の配筋風景です。今回は、シングル配筋、150ピッチです。
この後、立ち上がりの配筋をし、第3者機関の検査を受け、合格後、生コンを打設します。
C基礎工事が終わり、いよいよ建舞に備え、土台据え、先行足場の設置です。
Dクレーンを使い柱、梁、桁等、構造材が次々に組まれて行き、金物で、緊結されていきます。
Eお施主様の文字入れした、松丸太梁が架けられ、小屋組へと作業が進みます。
F小屋組み、野地板が施工されると、瓦屋職人が、防水のゴムアスルーフィングを施工します。
G筋交、間柱、サッシ取付が終わると、外壁の透湿防水シートを施工し、外壁サイディングの下地で、通気胴縁を施工します。
H内部は床組み、階段が終わりました。
I外観は、和風とのことで、こんな感じに仕上がりました。ポーチ天井は無節の杉羽目板です。
Jこれからベランダを取付します。山野草を始め四季折々の樹木の素敵な庭があります。
K外観北西



バナースペース

株式会社 中 島

〒390-0828
長野県松本市庄内1-9-11

TEL 0263-25-0159
FAX 0263-25-5557



業務内容)
新築・リフォーム(設計・施工)/ 耐震改修/断熱改修/バリアフリー改修/
太陽光発電システム/オール電化工事/屋根葺き替え/外壁リフォーム/エクステリア工事 etc